かりゆしウェアとは
かりゆしウェアは「沖縄県産品であること・沖縄らしさを表現したものであること」という定義のもと、感性豊かな作り手によって毎年多彩な新作が生み出されています。
ちなみに「かりゆし」とは沖縄方言で「めでたい・縁起が良い」の意味。 縁起の良い服が、商売繁盛の福を呼び込んでくれるかもしれません。
●かりゆしウェアの歴史と特徴

かりゆしウェアは、1970年に (社)沖縄観光連盟が沖縄らしいウェアを作ることを目的に「おきなわシャツ」を一般公募し発売したのが、そのはじまりです。
その後1990年に名称を「かりゆしウェア」として制定、2000年7月の「九州・沖縄サミット」にて各国首脳が着用したことで急速に普及しました。
沖縄の伝統染織物や、文化・自然などをモチーフとしたデザインと、シャツの裾を出して着る「シャツアウト」スタイルが特徴です。

ブランドから探す

グループから探す

コンテンツ

モバイルショップ